R/C

アンダートレイ

ということでTEAM AZARASHIさんからリリースされるとの情報が!





azarashi_dex410_under

DEX410用(標準ボディ、クーラー、ガイナブル)のアンダートレイです。


これを待っていたユーザーは多いのでは?


期待ですね(・∀・)ニヤニヤ





DEX210用パーツ

ということで、今日は谷田部で新しいパーツのテストをしてきました。


まずは




IMG_0665
IMG_0667

アルミ14mmホイール六角ハブクランプタイプ

これはDEX210/DEX410共通のパーツとなります。
高精度なクランプタイプで、ガタなくハブを固定することができます。



そして


IMG_0664


カーボンアッパーアームマウント


アッパーアームの取り付けをギヤボックスから変更するパーツで、高さ調整も幅広く行えます。
写真はMM仕様ですが、RRにも装着可能です。

あと写真を撮り忘れたのですが、フロントアソシホイール用のアクスルも…


どのパーツも良い結果が出ましたので、リリースまでもう少しお待ちくださいm(__)m



ギヤデフ

テストしないとね




マンジャム

ということで今日はマンジャムに参加してきました。

昼からの雨により路面はスリック状態。
急いでドレメル片手にスリックタイヤを作成しました。

路面もだいぶ落ち着いてきて、マシンの汚れも少なくなってきました。



さてさて、マンジャムですがべストラップ制の予選は2WD、4WD両クラスともTQ!(*^^)v





決勝は…


2WDクラスはスタートから飛び出し、後続のミスにも助けられ独走で…







IMG_9792

優勝!ヽ(´ー`)ノバンザーイ

ミッド最高!




4WDクラス…



1周目でミスして後退するも、数周後にはトップを取り返し、徐々にリードを広げて独走状態に!


そして









リタイヤ…(´・ω・`)ショボーン








帰り道はすごい雪でほんとうに帰れないと思いましたよ…┐(´д`)┌ヤレヤレ




続・ダンパーメンテナンススタンド


さっそく使ってみました。




nozarashi_dumper_stand_2




かなり使いやすいですよ( ´∀`)bグッ!



ダンパーメンテナンススタンド

作っていただきました。ありがとうございますm(__)m




nozarashi_dumper_stand

チームノザラシ ダンパーメンテナンススタンド~


ハイクオリティ過ぎて震えましたw

谷田部

ということで、ニューレイアウトになった谷田部アリーナオフロードコースに行ってきました。

谷田部に行くのはハッピーニューイヤーレース以来、今年2回目です。





20120120_0

今回はニューレイアウトを堪能する以外に、フルカーボン仕様、そしてJ ConceptsのFinnisherボディのテストも行いました。

カーボンパーツですが、交換するだけで50g以上も軽くすることができます。実際、ノーマルよりも走りが軽快になりました。見た目もレーシーになるのでおススメです。

Finnisherボディは、やはりフォワードキャビンスタイルらしく、よく曲がるようになります。また、ノーマルより全高が高くなり、ロールが増えているのもよく曲がっている要因でしょう。全体的にロールが大きくなるので、ドライブしにくく感じる場合もあるかもしれません。状況に応じてノーマルボディと使い分けるといいと思います。


そしてニューレイアウトのオフロードコースですが、ビッグジャンプもありなかなか楽しいレイアウトです。
しかしながら今回は路面の作り方を変えているとのことで、路面はかなり柔らかめで、歩くと少し沈む感じがあるほどです。
そんな路面ですから、走らせると


20120120_1


もうドロドロです…(´・ω・`)




DEX210 Tips その3

ということで最近よく見かけるようになったTeam Durango DEX210。



IMG_3016
写真は使いまわし



購入を検討されている方も多いと思いますが、「キット以外でなにか買い足したほうがいいの?」とお思いの方もいらっしゃると思います。そこで個人的に必要かなと思うものを紹介します。


まずは


DSCN2808
グラファイトステアリングプレート

標準は樹脂製でやや薄いので、フロントタイヤを引っかけたときなどに折れてしまうことがあります。
このカーボン製のステアリングプレートなら強度も十分で見た目もレーシーになります。
ただし、このプレートは標準よりも厚いので、バンプステア対策で


DSCN2815

このようにナックル側のボールエンド下ににスペーサーを挟むなどして対応するといいでしょう。自分は標準からコンマ5mm足しています。



お次は


DSCN2810
ハイグレードベアリングセット

キット標準でフルベアリングなのですが、このハイグレードタイプはその名の通りより回転抵抗が少なく、耐久性に優れています。レース参加などを考えている人におススメですね。



そして


DSCN2809
セラミックボール3mm

耐久性が高くて真円度の高いデフボールです。キット標準のデフボールも悪くないのですが、長い目で見て交換しても良いかと思います。DEX210はデフボールを14個使用しますが、通常ですと12個セットで販売されている場合が多いです。トレスレイ製は14個入りですので無駄がなくて良いかと思います。

また、蛇足ですがDEX210に標準で入っているデフルーブは非常に良いです。
やや固めで飛散しにくく、スムーズな動きのデフが長期間持続します。デフルーブ単体で販売してほしいほどです。


そしてそして


DSCN2811
MOSコートビッグボアショックコンバージョンセット

ダンパーにこだわるならこれですね。MOSコートが施された高精度なアルミシリンダーと削り出しピストンでとにかくスムーズな動きでオイル漏れもほとんどない逸品です。
よく「Oリングは何を使ってますか?」と聞かれるのですが、おススメは一般的なクリアOリングです。
いろいろと試しましたがこのOリングが一番オイル漏れが少なく、常に安定した性能を発揮してくれました。
価格も安く入手しやすいなど、いいこと尽くしなOリングです。


ということでダラダラと書いてしまいましたが、あくまでも個人的なおススメであって、これがないとダメというわけではありません。参考程度にしていただき、予算に合わせてチョイスしていただければ幸いです。



DEX210 Tips その2

DEX210のサスペンションにはドループスクリューが装備されていて簡単にリバウンド量を調整することができます。

しかしながら標準状態では少々リアのリバウンドが少ないように思われます。


そこで自分はドループスクリューを外してしまい、リバウンドを増やしています。



DSCN2767


そうするとリバウンドはかなり増えますが、こんどは少々リバウンド多すぎな感じになります。

実はDEX210のリアショックシャフトはDEX410のそれよりも長いものが装備されているのです。
そこでショックシャフトをDEX410用と交換。これでちょうどいいリバウンドになると思いますので、興味ある方は試してみてください。


DEX210 Tips

DSCN2764

DEX410のパーツを使用すれば、従来型のピンタイプのホイールが使用できます。

DEX210

ということでサンプルカーが着弾しました。


早速組み立てて土曜日に谷田部アリーナで走らせました。まだまだ満足なセットはできてませんが、予想以上によく走ってくれました。特に駆動系は素晴らしい感触でした。



IMG_3016


購入をお考えの皆さんには強くおススメします。
トレスレイからは12日に発送されますので少々お待ちくださいm(__)m

V3

ということで着弾しますた。





DSCN2678

Team Durango DEX410V3~~~



アルミ製の前後サスマウント、カーボンショックタワー、アルミ製フロントハブキャリア、ゴールドショックシャフト付きのビッグボアショック、前後スタビライザー、フルボールベアリング、新型ボディ、新型ホイール等が標準装備されてこの価格はかなりお買い得だと思います。

4WDマシンの購入を考えている方はぜひご検討を( `・∀・´)ノヨロシク




記事検索
livedoor プロフィール
天気予報
ツイッター
最新コメント
ジオターゲティング

ジオターゲティング