ということで最近よく見かけるようになったTeam Durango DEX210。



IMG_3016
写真は使いまわし



購入を検討されている方も多いと思いますが、「キット以外でなにか買い足したほうがいいの?」とお思いの方もいらっしゃると思います。そこで個人的に必要かなと思うものを紹介します。


まずは


DSCN2808
グラファイトステアリングプレート

標準は樹脂製でやや薄いので、フロントタイヤを引っかけたときなどに折れてしまうことがあります。
このカーボン製のステアリングプレートなら強度も十分で見た目もレーシーになります。
ただし、このプレートは標準よりも厚いので、バンプステア対策で


DSCN2815

このようにナックル側のボールエンド下ににスペーサーを挟むなどして対応するといいでしょう。自分は標準からコンマ5mm足しています。



お次は


DSCN2810
ハイグレードベアリングセット

キット標準でフルベアリングなのですが、このハイグレードタイプはその名の通りより回転抵抗が少なく、耐久性に優れています。レース参加などを考えている人におススメですね。



そして


DSCN2809
セラミックボール3mm

耐久性が高くて真円度の高いデフボールです。キット標準のデフボールも悪くないのですが、長い目で見て交換しても良いかと思います。DEX210はデフボールを14個使用しますが、通常ですと12個セットで販売されている場合が多いです。トレスレイ製は14個入りですので無駄がなくて良いかと思います。

また、蛇足ですがDEX210に標準で入っているデフルーブは非常に良いです。
やや固めで飛散しにくく、スムーズな動きのデフが長期間持続します。デフルーブ単体で販売してほしいほどです。


そしてそして


DSCN2811
MOSコートビッグボアショックコンバージョンセット

ダンパーにこだわるならこれですね。MOSコートが施された高精度なアルミシリンダーと削り出しピストンでとにかくスムーズな動きでオイル漏れもほとんどない逸品です。
よく「Oリングは何を使ってますか?」と聞かれるのですが、おススメは一般的なクリアOリングです。
いろいろと試しましたがこのOリングが一番オイル漏れが少なく、常に安定した性能を発揮してくれました。
価格も安く入手しやすいなど、いいこと尽くしなOリングです。


ということでダラダラと書いてしまいましたが、あくまでも個人的なおススメであって、これがないとダメというわけではありません。参考程度にしていただき、予算に合わせてチョイスしていただければ幸いです。